手続き方法をやさしく解説!

M&Aに関する基礎知識

M&Aと言いますのは会社組織における買収、あるいは合併になります。しかしながら、スタイルは多種多様あり会社組織の戦略や収益改善によりまして実施されます。ひとつの例として、販売品のバリエーションを増加させたいが、開発並びに生産のリソースがないというようなケース、他の会社の商品を供与してもらうOEMなどがあります。それに加えて、採算の合っていない部門は独立させてしまう分割であったり、他の企業とタイアップする資本提携また他の会社と合併するなどがあります。会社組織が突発的に赤字より回復したり、高名なブランドとして認知度を上げたり等のM&A戦略があります。大きい金額の資金や、予想外の会社同士が合併したり分割したりと経済情報として脚光を浴びています。あらためていうまでもなく、M&Aには順序だてた手続きが存在しています。

M&Aの実際的な手続きについて

手続きにおいて最初に実行することは、会社間での合意をとることで基本合意書が結ばれることになります。自明のことですが、会社組織をオープンにして話し合わなければなりませんので秘密保持契約も含めて結ばれます。そうしたものを実施してから具体的な検討に入ることになります。こうしたプロセスでデューディリジェンスが行われ、リスクがきちんと検討なされているか、あるいは費用が妥当で有るかを査定することになります。一般的に考えて公認会計士、あるいは弁理士や銀行などいろいろな第三者の観点から実施します。究極的には合弁契約書など色々な必要な関係書類がつくられ、法律事務所の精査を経て完成させることになります。それから、関連官庁へと出して公式承認を得ることになります。一番最後に、クロージングによって決済日においてM&Aが現実化されます。言うまでもなく、契約の取り交わしの検討のプロセスで破たんする事もあります。

© Copyright M&A Seminars. All Rights Reserved.