知っておこう!M&Aのリスク

「M&A」の狭義と広義

「M&A」という言葉をご存知でしょうか?「M&A」とは「合併(Merger)&買収(Acquisition)」という意味です。合併とは買収企業が一つ以上の企業を買収し一つの企業として統合することです。また買収もその名の通り、買収企業がある企業の株式を取得したり事業を買い取ったりすることです。言葉の意味をそのままに捉えるならばそれだけですが、合併と買収だけでなく、提携もM&Aと呼ばれることもあります。近頃特に日本人口の減少に伴い国内市場が縮小しているためこのM&Aが加速しています。そんなM&Aの手続きの手法は一言で言うと、経営権の移転です。先程述べたように合併や株式の取得、それらによって企業や事業の譲渡を行うといった方法が一般的です。もしくは経営権はそのままに資本業務提携を結ぶこともあります。

M&Aセミナーと認識すべきM&Aのリスク

そんなちょっと複雑そうに見えるM&Aですが、ご安心下さい。「M&Aセミナー」というものが存在します。そこでは実際に会社の譲渡を経験した経営者の話など、普通ではなかなか聞けないような話を聞けたりもします。東京だけでなく大阪や名古屋などでも開催されていますから、どこに住んでいても比較的アクセスしやすくなっています。また大企業に向けたものばかりでなく、中小企業に向けたもの、ただM&A自体について話すだけでなく、成長戦略や事業継承にまで焦点を広げた極めて有意義なセミナーです。
M&Aの判断基準として、買収先の企業の企業価値を正確に見抜くことは大切です。多額の資金が必要となる以上、投資の誤りは大きな失敗となるからです。M&Aの最大のリスクはそこにあります。

© Copyright M&A Seminars. All Rights Reserved.