成功の鍵!M&Aの判断基準とは

ミスマッチを防ぐ事が大切

M&Aをする時に大切なのは買収後に事業を行う中でメリットがある相手を選ぶ事です。合併や買収をミスマッチな相手としてもメリットがないので、充分注意しなくてはいけません。まず買収や合併によってもともと別の企業が一緒に事業を進める事で相乗効果を生み出せるかを考えなくてはいけません。M&Aをする企業を合わせた以上の業務の効率化が実現できる組み合わせが最適です。
お互いの足りない部分を補い合えたり、事業の戦略上で重要な役割を果たす相手を選ぶとメリットが得られます。M&Aを行った後は同じ事業を一緒に行っていくので、企業文化がまったく違うと内部で上手くいかない可能性があります。その為できる限り企業文化が似た企業とのM&Aを検討した方が上手くいきやすいです。

リスクの洗い出しと適正価格で買う事が大切

M&Aを行う事で相乗効果を生み出して企業がそれまで弱点としていた部分を補える買収や合併だったとしてもM&Aを行う事でリスクが発生する事があります。リスクに関してはM&Aを行う前に洗い出してメリットとリスクを比較してリスク以上にメリットがあると判断した時にM&Aを行うべきです。リスクに対しては事前に対策をしてできるだけ回避できるようにすると良いです。
買収する時の価格に関しては効果に対して適正な金額で買収しないといけません。割高な金額で買収した場合は得られるメリット以上に負担が大きくなるので、企業にとってマイナスになってしまいます。M&Aを行った後に良い関係性を築いて事業を行うには買い手側は売り手側に対して敬意を払う事も大切です。

© Copyright M&A Seminars. All Rights Reserved.